Fool Japan ~「平和国家」から「憲法を蔑ろにする国」へ

(2014年5月19日)
流れを作ってしまえば、もうこちらのものだ、ということなのでしょうか。

「日本国憲法が掲げる平和主義は、これからも守り抜いていきます。このことは明確に申し上げておきたいと思います」

15日の記者会見で、安倍総理は臆面もなくこのような支離滅裂な主張をしました。その総理の支離滅裂な主張をさらに上回るとんでもない発言が、18日のNHKの討論番組のなかで、石破幹事長の口から飛び出しました。

「『(集団的自衛権を)行使できない』と言っているのは、世界中で日本だけだ」

日本は世界で唯一「戦争放棄」を掲げた憲法を有している国ですから、「『(集団的自衛権を)行使できない』と言っているのは、世界中で日本だけだ」としても、何の不思議もない、むしろ当然のことでしかありません。

こうした発言が出るのは、多くの日本人が誇りに思っている「平和憲法」を、石破幹事長が内心苦々しく思っていたことの証左かもしれません。

さらに、日本は必ずしも「集団的自衛権を行使できない」と言ってきたわけではありません。歴代内閣の答弁等も「集団的自衛権は持っているが行使はしない」というものと、「行使は認められない」という両方があるようです。つまり、「使いたいけど使えない」という解釈と、「憲法9条」を尊重し、「使えるけど使わない」という解釈が混在して来たということです。表現的には小さな相違ですが、国の意思においては大きな相違です。

石破幹事長は、なぜ「使えるけど使わない」という、平和国家を標榜する国としての意思を示して来た経緯を無視し、「使いたいけど使えない」と、日本が渋々「平和国家」を演じて来たかのような誤解を与えるように断定的な発言をしたのでしょうか。こうした発言は、日本人を貶めるものではないかと思います。

石破幹事長の発言も論理的に滅茶苦茶なものだと思いますが、安倍総理の「日本国憲法が掲げる平和主義は、これからも守り抜いていきます」という発言も、論理的には滑稽なものでしかありません。

日本が「平和憲法」を掲げ、「平和国家」として地位を築いてきたのは、国際法上主権国家に認められている「個別的自衛権」と「集団的自衛権」のうち、「集団的自衛権」を行使しないことを国是として来たからのはずです。

「個別的自衛権」は勿論、「集団的自衛権」も他の国と同様に行使出来るようにするということは、憲法改正を伴うかに関係なく、日本の平和に対する認識が、「平和国家」という看板を掲げていない他の国と同列になるということです。「平和国家」を掲げていない他の国と、日本の平和に対する認識が同列になる中で、「日本国憲法が掲げる平和主義は、これからも守り抜いていきます」というのは、どういうことなのでしょうか。完全な矛盾、詭弁です。

こうした論理的矛盾を孕んだ主張をし続ければ、近いうちに、「個別的自衛権」も「集団的自衛権」も行使する普通の国のなかで、「憲法が掲げる平和主義は、これからも守り抜いていきます」という論理的整合性のないことを言っているのは「日本だけだ」と、世界で物笑いの種にされることは間違いありません。

「Cool Japan(クールジャパン)」ならぬ、「Fool Japan(フールジャパン)」と。

個人的には、国際情勢の変化を考えれば、日本が自衛権の行使を検討するのは自然の流れだとは思いますし、そのように考えている国民も多いと思います。しかし、だからと言って、詭弁を弄したり、ためにする議論をしていいというわけではありません。株価と支持率が高いうちに閣議決定を済ませるために、非論理的な議論を繰り返すのは慎むべきです。

「正面から憲法論、安全保障論などを議論したい」

石破幹事長は番組内で、こう呼びかけました。「憲法論、安全保障論などの議論」も結構ですが、重要なことはそれが「論理的整合性のある議論である」ことです。「『(集団的自衛権を)行使できない』と言っているのは、世界中で日本だけだ」などという、整合性に欠ける論理に基づいた議論を繰り返すのは、世界に日本の恥をさらすことになるだけです。

「個別的自衛権」も「集団的自衛権」も容認する国が「日本国憲法が掲げる平和主義は、これからも守り抜いていきます」と主張し続ければ続けるほど、日本は「憲法を蔑ろにする国」だというレッテルを貼られていくことでしょう。

「平和国家」から「憲法を蔑ろにする国」へ…。こうしたことにならないように、政府は詭弁を弄するのではなく、論理的整合性のある議論を通して、正々堂々と結論を出すべきだと思います。鳩山元総理は「loopy(間抜け)」と呼ばれましたが、安倍総政権も「Fool Japan」と揶揄されぬように議論を進めて頂きたいものです。

スポンサーサイト

コメント

嘘つき弥次郎

嘘つき弥次郎というのは落語に出てくる嘘つきの名前です。ありえないようなうそをつく、罪のない男です。

私は、安倍、石破、高村、その他今の政権活計者は、嘘つき弥次郎とは似ても似つかない、罪深い大ウソつきだと思います。

というより、彼らの気持ち悪い論法に耐えられない。

なぜ、正面から堂々と、いずれは中国と戦争をしなければならない。と言わないのか。

なぜ、日本にもう平和主義は不要です、とか民主主義は役に立たない前世紀の遺物です、とかいわないのか。

彼らは本当のことを言わない。
さも国民のためを思っているかのようなおためごかしや、世界の潮流に乗り遅れてもいいのかという脅迫まがいなことをして、物事をよく知らないでいる人たちをペテンにかけるのか。

私はもう安倍や石破や高村の、気持ちの悪い、猫なで声は聞くに堪えられない。

日本はどうしてこんな国になってしまったのでしょう。

自民党のやり方を、熱狂的に受け入れる人たちの、ネット上での発言も目に余る。

悲しいです。

近藤さんはどういう考えなのでしょうか?前から感じているのですが、近藤さんは的確な批判をされるなとは思うのですが、近藤さん自身の主張というのがいつも曖昧です。経済問題についてもそうで、じゃあどうすればいいのか?どういう政策を取れば日本は経済回復するのか?こうすべきだ!という強い主張がありません。集団的自衛権にしても、僕は安全保障とリンクした話だと思うので、そもそも日米安保を抜きにして語るのは意味がないし、目の前で人が殺されそうな時に無視を出来るのか?という倫理的な問題もあります。だいたい朝鮮戦争でもベトナム戦争でも日本は武器供与や基地供与をしてきたので、他国の戦争に十分関与しておりますし。
とりあえず日本が直接戦争や戦闘行為に関わることがなければ後はどうでもいい、それが日本の平和主義であり世界に冠たる思想なのだ!という馬鹿には反吐が出ます。
九条信者はアメリカ人が日本の為に血を流すのは平気なんですかね?その思考回路が全く理解出来ない。
僕は集団的自衛権なんて行使する自由を持ってるのは当たり前だと思いますし、他国がどうなろうが一切関知しないというなら、自分の国や国民は一切全て自国の力だけで守りきるという強い信念と決意、行動が必要でしょう。日本の左巻きの平和主義者はいいとこ取りばかりしようとしているのが本当に腹立たしいです。
近藤さんはどうなのでしょうが?僕はむしろ近藤さんには経済政策についての近藤さんの主張を聞きたいのですが。金融緩和はやり過ぎだ、という主張は理解してるのですが、他がイマイチ見えません。増税反対を唱えておられるので財政拡大派なのか?とも思うのですが、そこもハッキリされない。

Re: タイトルなし

印様
コメントをありがとうございます。申し訳ありませんが現在ドタバタしており、きちんとした回答をお返しするまで少しお時間を頂戴出来たらと思います。宜しくお願い致します。

Re: 嘘つき弥次郎

大我楼2014 様
この度はコメントをお寄せ頂きありがとうございます。小生も、脅迫したり、詭弁を弄したりせずに正々堂々と議論をするべきだと思います。偏った情報による脅迫と洗脳を駆使した民主主義には疑問を感じます。
非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR