ECBマイナス金利に関する記事削除のお知らせ

いつも拙Blogをお読み頂きありがとうございます。

さて、先日6日に公開いたしました〝ECBデフレ回避への「奥の手」?~日本を代表する経済紙が大袈裟に報じる「金融的には何も意味のないマイナス金利」″という記事の中に、「事実誤認」がございましたので、削除させて頂きました。

「事実誤認」があったのは、ECBが「マイナス金利」を適用したのは「預金ファシリティ」だけで、「超過準備預金」には「マイナス金利」は適用されないとした部分です。日本のメディアではほとんど報道されておりませんが、読者の方からご指摘を頂きECBのホームページを確認したところ、「超過準備預金」にも「マイナス金利」が適用されるという記載がありました。

ここまで細かな情報は一般的にはニーズがありませんからマスコミも報道をしなかったのだと思いますが、金融的には「預金ファシリティ」だけが「マイナス金利」になるのと、「超過準備預金」にも「マイナス金利」が付利されるというのは大きな違いです。こうした大きな違いがあることを知りながら、ECBのホームページで確認をせずに記事を書いたというのは、恥ずかしい限りで、深く反省するところです。

弁解がましくなりますが、ECBが「マイナス金利」を採用したと聞いた時、最初は「預金ファシリティ」も「超過準備預金」にも「マイナス金利」が適用されると理解しておりました。しかし、メディアの日本語の記事を確認した限りでは、「預金ファシリティ」が「マイナス金利」と報じられており、「超過準備預金」にも「マイナス金利」が付利されるという記載がありませんでした。それで、「マイナス金利」が適用されたのは「預金ファシリティ」だけだと勘違いし、途中で記事を書き直して公開しました。この時点でECBのホームページで直接確認すればよかったのですが、英文故に確認を怠ってしまいました。猛省。

という経緯がありますので、「預金ファシリティ」と「超過準備預金」両方に「マイナス金利」が適用されたケースの記事もほぼ書き上がっています。恥を忍んで本日中にでも公開をさせて頂きますので、懲りずに目を通して頂けたら幸いです。

最後に、今回、貴重な指摘をして下さった読者の方に御礼申し上げます。ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR