「想定外に酷かったGDP」が「大義なき解散」を「大義ある解散」に変える?

(2014年11月17日)
「内閣府が17日発表した2014年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.4%減、年率換算では1.6%減だった。年率で7.3%減と大幅に落ち込んだ4~6月期から2四半期連続でマイナスとなった。消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響に加え、夏場の天候不順もあり、個人消費の回復の遅れが響いた」(17日付日経電子版「GDP年率1.6%減」)

ここまで酷いとは…。ある意味で衝撃的な結果でもありました。

民間エコノミストの直前予想の中央値は前期比0.5%増、年率2.4%増程度でありました。それが蓋を開けてみたら▲1.6%と、上昇幅どころか方向性すら誤っていました。日本のGDPは大雑把に500兆円前後ですから、4%(=2.4%‐▲1.6%)も予想を外すというのは、20兆円もGDP実額を見誤ったということです。経済専門家のミスとしては大き過ぎるというのが偽らざる感想。

多くの経済統計を集め、コンピューターで経済予測をし、その情報を外部に売っているシンクタンクやエコノミスト達がここまで予想を外すというのは、プログラムの中に「先入観」「思い込み」が入っていて、客観的な分析が出来ていないことの証左でもあります。客観性を忘れ、スポンサーの意向に沿うシナリオを提示し、それを裏付ける経済予想値を作り上げるようなことを繰り返すシンクタンクやエコノミストなど、世の中にとって無用の長物でしかないことを肝に銘じるべきだと思います。

日本経済新聞は速報記事で「個人消費の回復の遅れが響いた」と報じていますが、これは完全な誤りです。7-9月期実質GDPは前期比年率で▲1.6%減となりましたが、「家計最終消費支出」の年率寄与度はプラス0.8%となっており、実質GDPの下支え要因になっています。

GDPの押し下げ要因となったのは、「民間在庫品増加」▲2.6%、「民間住宅」▲0.8%、「民間企業設備」▲0.1%、「輸入」▲0.6%といったところです。下支え要因となっている個人消費について「回復の遅れが響いた」と報じるのはおかしな話しで、GDPが発表される前からそうした前提に立って記事が事前に作成されていたことを感じさせ得るものです。日本を代表する経済紙は、発表された統計の中身を見れば5分で確認できることを、何故やらなかったのでしょうか。GDP統計の中身ですら正確に伝えられないメディアに、経済や政策を語るオピニオンリーダーの資格があるのか疑問を感じてしまいます。

前期比年率▲1.6%減というGDP統計結果は、「消費増税を先送り」という判断を正当化するには十分過ぎるほどのものです。一方、ここまで悪いGDP結果は、アベノミクスの効果が切れたことを示唆するものでもあります。

民主党が「消費増税先送り」に宗旨替えしたことから、「消費増税先送り」自体は総選挙の争点にはなり難くなって来ています。そうした中で予想以上に酷いGDP速報値は、国民に「このままアベノミクスを続けて行っていいのか」を問うことになりかねません。

「消費増税先送り」を国民に問う形で「解散」に踏み切れば「アベノミクス継続の是非」を問うことになりかねませんし、「解散を先送り」すれば政権の求心力が失われることになる可能性があります。

解散によって「消費増税先送り」に対する国民の信を問い、国民生活を救うヒーローを演じる予定だった安倍総理も「想定外に酷いGDP」をもたらした張本人として弾劾される可能性も出て来ており、戦略の修正を迫られるかもしれません。

一方、「消費増税先送り解散」には大義がないと主張し浮足立っていた野党には、「アベノミクス継続の是非を問う」という大義が降って来たわけですから、「アベノミクスは失敗だった」という非生産的なことを叫ぶだけでなく、アベノミクスの何が問題点なのかを明らかにしたうえで、代替案を出して頂きたいものです。

想定外に悪い内容であったGDPは、見方によっては「大義なき解散」を「大義ある解散」に変えるいい機会かもしれません。それが出来るかどうか、それは有権者と候補者両方の認識に掛かっていると言えそうです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR