誰が「イソップの蛙」の主役を演じるのか ~ 2015年金融市場が直面する「後継者問題」

2015年の金融市場が本格的にスタートしました。原油安と低金利の流れは昨年末から変わらずですが、ギリシャ問題の台頭などでユーロ安に拍車がかかり、株式市場は予想外の大幅下落のスタートとなりました。

金融市場では、2015年のリスク要因は「米国の利上げ」だというのがコンセンサスになっています。しかし、これは昨年から想定されたリスクシナリオです。考えておかなければならないことは、「FRBが利上げに踏み切れない状況」という想定外のリスクが与える市場への影響かもしれません。

2015年の金融市場は、巷で言われているほど単純ではないように感じています。それは、リスク要因が誰の目にも見える相場や経済から、一般の人の眼に触れない、理解し難い「金融政策」に移って行くからです。
【参考記事】 2015年、中央銀行にとって試練の年 ~「根拠なき熱狂」の再来か、「根拠なき安心感」へのしっぺ返しか

思い返せば、リーマン・ショック前は、所謂投資銀行がバランスシートを膨らませて行った時代でした。そして投資銀行という「イソップの蛙」が破裂しリーマン・ショックが起きたあと、その後始末のために投資銀行に代わってバランスシートを膨らませて行ったのが先進国の政府でした。

しかし、政府には欧州を中心に財政赤字という制約がありますから、政府は「イソップの蛙」を完全に演じることはできません。そこで政府の次に「イソップの蛙」の主役として登場したのが中央銀行でした。日米を中心に先進国の中央銀行は、バランスシートを膨らませる形で経済を支える主役を演じて来て来ました。

「イソップの蛙」の主役は、投資銀行、政府、中央銀行と変って来ましたが、次の主役候補は未だに現れていないというのが実情です。日本は総理と日銀総裁が「経済の好循環」や「貯蓄から投資へ」という耳触りのいいフレーズを繰り返して民間企業と個人に「イソップの蛙」になることを求めています。

しかし、既に3年分の設備投資額を上回る現預金を積み上げている企業には、レバレッジを聞かせてまでバランスシートを膨らませる必要性はありません。

一方個人は、そもそも収入が減っており、家計の貯蓄率が統計を取り始めて以来はじめてマイナスに転じるなど、幾ら政府と日銀が煽ってもレバレッジを掛けてバランスシートを膨らませるという、一歩間違えたら自殺行為になりかねない状況にあり、とても「イソップの蛙」を演じられる状況にはありません。

昨年末にFRBが量的緩和の規模拡大を停止し、「イソップの蛙」の主役の座を下りました。今はその座を日銀が、そして今月にもECBがその座に加わって来ることが確実視されていますが、本質的な問題は、中央銀行の次に誰が「イソップの蛙」の主役を演じるのかという「後継者問題」にあることに変りはありません。「後継者」が見つかっていない中でFRBが「イソップの蛙」の主役を下りたということを軽視するのは、余りに楽観的であるように思えてなりません。

欧州では再びギリシャ問題がスポットライトを浴び始め、ギリシャのユーロ離脱まで噂されています。確かに、ギリシャのような財政に問題を抱える国をユーロから切り離すのは、ユーロを存続させるうえでは有力な選択肢の一つかもしれません。しかし、現在ユーロが抱える問題点は、財政的に弱い国を切り離しても解決されるものではありません。それは「ドイツが含まれるグループの通貨が相対的に強くなる」という宿命を抱えているからです。

「ドイツが含まれるグループの通貨が相対的に強くなる」ということは、ドイツなど勝ち組からの負債を抱えている負け組の負債が拡大し、ドイツなど勝ち組が保有している負け組向けの資産が目減りするということを意味します。つまり、これは現在ユーロの抱える根本的問題を顕在化するだけで解決策とはいえないものです。

マスコミ等はギリシャの問題を大きく扱っていますが、政治的影響の大きさと、金融的影響の大きさは必ずしもリンクするものではありません。これはロシアに関しても同様です。

ギリシャもロシアも破綻経験国であり、一旦国際金融市場から締め出された経験があるために、公的債務はそれほど大きい訳ではないからです。その点で、2010年のギリシャ危機などとは金融市場に与える影響は、政治的影響に比較して限定的になるといえるかもしれません。

ギリシャで生じている政治的混乱は、政府が一度破裂した「イソップの蛙」に復帰するか否かの問題でもあります。そしてそれは、政府が「イソップの蛙」の主役の座を投資銀行から譲り受けることで一定期間政治的経済的安定を維持することは可能だが、主役の座を政府から中央銀行に移すことでは、一旦膨らませた政府の「イソップの蛙」のお腹を元通りに戻すことが出来ないことの証明でもあります。

FRBが「イソップの蛙」の主役を降板した2015年、米国経済が成長していることや、企業業績がいいことを理由に金融市場が安定的に推移すると安易に決めつけるのは楽観的過ぎるような気がします。

結果的に何も起きないのかもしれませんが、人類がこれまで経験したことのない領域に足を踏み入れ始めていることを忘れてはいけないように思えます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR